2023年7月 | ねじまき柴犬のドッグブレス

2023-07

スポンサーリンク
2023年

やんちゃな王子のための失われた王国 3-王子の逃亡-

そこまで話をしたところで、僕のiPhoneの着信音が鳴った。画面を見ると美穂からの電話だった。僕は颯太に「ママから電話なんだ、ちょっと待っててね。」と言って話を中断して部屋の外に出た。 「もしもし、美穂だけど、もう家に帰ってきてるわよね?颯...
2023年

やんちゃな王子のための失われた王国 2-王の追放-

「昔々、遠くて広い海を渡った所にそれはそれは小さな王国があったんだ。お城は大きくて立派だったんだけどその国の土地は、お城のてっぺんから見下ろすと国境が四方に見渡せるくらいの広さしかなかったんだ。」僕は、ストーリを思い浮かべながらたどたどしく...
2023年

やんちゃな王子のための失われた王国 1-颯太(そうた)-

「ねえ、パパ、今日はどうしても眠れないんだよ。何かお話をして。」突然、颯太にそう言われて僕は困惑した。最近、颯太は典型的なママっ子で妻にべったりだったから僕は二人っきりで会話らしい会話をしたことがなかったからだ。しかもいつもは一人になると部...
2023年

幸せとは一時保留の連続?

ともかく暑い休日。こんな暑い日にわざわざ混み合うところに出かける人の気が知れない。あくまでも主観なので、気を悪くしないで欲しいがこういう日は、クーラーの効いた部屋で何でもないような事をするに限ると思う。 部屋の片付けとか掃除をしているのが一...
2023年

柴犬のカラオケリポート(7月編)

柴犬です、こんにちは。久しぶりのカラオケリポートです。約2ヶ月ぶりですが、何しろ、小説を仕上げなければならなかったし、家の片付けがあったりしたので、時間がありませんでした。(T_T) そのため今まで歌った歌を感覚を取り戻すために歌ったのです...
2023年

想像力って

「仕事というのは、社会に空いた穴です。道に穴が開いていた。そのまま放っておくとみんなが転んで困るから、そこを埋めてみる。ともかく目の前の穴を埋める。それが仕事というものであって、自分に合った穴が空いているはずだなんて、ふざけた事を考えるんじ...
2023年

小説とエッセイについて

柴犬です、こんばんは。久しぶりのエッセイですが、さてこれから何を書いたらいいのかと正直迷っているところです。最初にエッセイを書こうと思ったのは母の病気がきっかけで、誰にも言えそうもない感情を吐き出したかったからなのですが、直近で書いた「ハー...
スポンサーリンク